プロフィール

BUNBUN

Author:BUNBUN
FC2ブログへようこそ!
熊本の山奥で日本蜜蜂を楽しんでます。足跡一個残してください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初分蜂

今日、自宅群が分蜂した。去年より約2週間ほど遅い分蜂である。待ち箱は用意していたが、待ち箱には行かず集合板に蜂球を作った。いつものように、滑車で下して無事巣箱に納める事が出来た。



IMG_4659.jpg
桐の木の高い所に取り付けた集合板に蜂球を作る。しばらく固まるのを待つ。



IMG_4670.jpg
10分くらい待って、その間に女王を探したが見つからず、滑車を使って集合板を下す。この方が安全だから数年前からやっている。



IMG_4673.jpg
下した集合板をゆっくりひっくり返し、その上に巣箱を乗せると、蜂は自分で巣箱に移っていく。大半の蜂が巣箱に入った後に女王が入っていった。



IMG_4677.jpg
その後、5~10分待って、蜂が巣箱に落ち着くと15mほど離れた所に移動して終了する。今年もしばらくは忙しくなり楽しめそうだ。
スポンサーサイト

コメント

Re: みきかさんへ

> BUNBUNさん、
> 画像つきで詳しい説明、有難うございます。要領の悪い私にも良くわかりました。
> ところで、一番上の集合版の横のものはハシゴですか?強風に備えて、最初から立てかけて置かれたのでしょうか?

みきかさん、ひさしぶりです。梯子は集合板を付けた時から、集合板を外すまで付けてます。
梯子と桐の木の間に集合板を取り付けるとぐらつかず安定していいですよ。

Re: fukuchanへ

> 名前不詳はfukuchanです。明日は風雨が激しく、箱がひっくりかえりそうです。

ほんと、今日は一日中強風が吹き荒れました、重しの軽い巣箱は危ないので追加した方が良さそうです。

とても判り易いです。

BUNBUNさん、
画像つきで詳しい説明、有難うございます。要領の悪い私にも良くわかりました。
ところで、一番上の集合版の横のものはハシゴですか?強風に備えて、最初から立てかけて置かれたのでしょうか?

名前不詳はfukuchanです。明日は風雨が激しく、箱がひっくりかえりそうです。

Re: ミナミ@栃木さんへ

> 今年は3ヶ所集合板を設置しましたが今まで1度も集合板に蜂球が出来ません。いつも出来る場所は梅の木の地上1メートル位の所なのでそれ以外の高い枝に付いたのはそのまま様子を見てるだけですが今年は集合板に期待してます。古竹と杉皮の2種類を設置しました。

集合板については良くわからない面があります。うちでも5年前はキウイ棚に長さ2mある長い竹にはよく止まってましたが、80cm程に作り替えたらばったり止まりません。場所、材料、高さなど色々変えてもだめでした。今の場所は集合板を付ける前からよく止まっていた場所です。こんなことで、場所がいいかなと思っています。

集合板

今年は3ヶ所集合板を設置しましたが今まで1度も集合板に蜂球が出来ません。いつも出来る場所は梅の木の地上1メートル位の所なのでそれ以外の高い枝に付いたのはそのまま様子を見てるだけですが今年は集合板に期待してます。古竹と杉皮の2種類を設置しました。

Re: 名前不詳さんへ

> bunbun様の所も分蜂が始まりましたか。こちらは、山地の標高の高い所においていますので、分蜂はこれからだと思います。キンリョウヘンがまだ咲きません。間に合えばと思っています。去年は今頃咲いていて、蜂がきました。

いよいよ始まりましたよ、平地から始まる桜前線と同じようなものですね。キンリョウヘンはあれば便利ですが、なくてもあまり困りません。10年前は使ってなかったので。。

bunbun様の所も分蜂が始まりましたか。こちらは、山地の標高の高い所においていますので、分蜂はこれからだと思います。キンリョウヘンがまだ咲きません。間に合えばと思っています。去年は今頃咲いていて、蜂がきました。

Re: 風車@埼玉さんへ

> 山の蜂場は傾斜地で高い木があるので私もこの方法をまねしてみましたぶれ止めに横支線をとったのだが、あんのじょう昨年は下からの強風で吹きあげられました、今年は支線を下からとりましたよ。
>
> 箱そのものを吊るしたらどうかな・・・。

山の雑木に取り付けるのは至難の業ですね、私の場合は桐の木と梯子の間に挟んで固定しています。隣の木を利用して安定させるなど工夫出来ないでしょうか。取り付ける土台がしっかりしないと難しいです。

> 箱そのものを吊るしたらどうかな・・・。
面白いアイデアですね、それが旨く行けば簡単ですね、重箱1段でやって、蜂が付いたら下して2段にする(*_*)


Re: 奈良スズメさんへ

> この方法は、とてもいいですよね。
> 前もっての準備が出来ていないと不具合もありますが、
> 蜂の習性を考えると、だいたい上手くいく方法だと思います。
集合板を付ける前からよく止まっていたお気に入りの場所でした。
>
> 去年のオフ会の帰りに霧島さん宅で夏分蜂か逃避群かも
> 同様のやり方をされていました。
> 師匠の直伝だったのですかね?
どうでしょう、霧島さんに聞いてみないとわかりません。
>
> 一つ、吊り下げ式で思うのですが、
> 強風の時にぐらぐらと動かないようにしないと、
> 蜂玉の取りつきが悪いように思えました。
吊り下げた時、ぐらつかない為に、梯子を利用しています。
桐の木と梯子は逆v字になっているので、v字の角度より鈍角の集合板を滑車で強く引き上げると
桐の木と梯子の間に収まって、ぐらつきません。
より確実にする為、画像を良く見てください、小さな細紐が付いていて、それで揺れを収めます。
>
> 前もっての準備とは、重箱のサイズにあわせた集合板を、
> そこそこ高いところにしっかりと固定できて、
> 蜂玉をそっと下ろせるように想定して、
> 作っておくことですよね。
この方法はまだ改善する余地がありそうです、今まで何十回と蜂回収に使っても不便を感じなかったもんで、
そのまま使っていました。

いよいよスタートしましたか・・・。

山の蜂場は傾斜地で高い木があるので私もこの方法をまねしてみましたぶれ止めに横支線をとったのだが、あんのじょう昨年は下からの強風で吹きあげられました、今年は支線を下からとりましたよ。

箱そのものを吊るしたらどうかな・・・。

この方法

この方法は、とてもいいですよね。
前もっての準備が出来ていないと不具合もありますが、
蜂の習性を考えると、だいたい上手くいく方法だと思います。

去年のオフ会の帰りに霧島さん宅で夏分蜂か逃避群かも
同様のやり方をされていました。
師匠の直伝だったのですかね?

一つ、吊り下げ式で思うのですが、
強風の時にぐらぐらと動かないようにしないと、
蜂玉の取りつきが悪いように思えました。

前もっての準備とは、重箱のサイズにあわせた集合板を、
そこそこ高いところにしっかりと固定できて、
蜂玉をそっと下ろせるように想定して、
作っておくことですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jibachi.blog89.fc2.com/tb.php/642-03e688bf

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。