プロフィール

BUNBUN

Author:BUNBUN
FC2ブログへようこそ!
熊本の山奥で日本蜜蜂を楽しんでます。足跡一個残してください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下郡の捕獲

先月から計画していた床下郡捕獲も準備が整ったので昨日実行しました。井無田の河野さんといっしょに現場にむかい、タツさんとは現場合流して9時半ころから作業開始。床下の巣がどこにあるのかわからないまま床を電動と手ノコで空けました。意外と近くだったのはラッキーでした。

なにしろ床下の高さが40cmほどしかないので、掃除機利用の捕獲器で蜂の回収、巣板の切り取りと腹這いで作業したタツさんは大変だったようです。私は貯蜜圏と蜂子圏に切り分け蜂子圏を枠に取り付けるだけで楽させてもらいました。作業は2時間ほどで完了でした。
その家のばーちゃんがお茶、おにぎりと接待してくれ感謝です。
収容した蜂と巣板は移動中巣落ちしないよう蜂場でいっしょにすることにしました。



床下郡の捕獲 09,9,22 001
この近くに巣があるだろうといい頃加減に推測してノコで切り空けました。



床下郡の捕獲 09,9,22 005
穴から床下を覗くとすぐ近くに今まで見たこともないような大きな巣が・・。横幅もすごく高さは地面に届きそうな大きさでした。この蜂は3~4年前からいるそうです。



床下郡の捕獲 09,9,22 006
床下に潜り込むタツさん、腹ばいでなければ作業できません。



床下郡の捕獲 09,9,22 014
タツさんが切り出した巣板の蜂子圏を上桟に取り付けます。




床下郡の捕獲 09,9,22 015
上桟に付けた蜂子圏を巣箱に収めるが、8枚しか入らないので残りは残念ながら廃棄、こんなに大きな巣だったら洋箱に入れた方がよかったようだ。



床下郡の捕獲 09,9,22 019
巣箱がいっぱいになったので見にいくとまだ2枚の蜂子圏が残っています、この後は大きな容器を下に置き貯蜜圏を全部切り落としていきます。無理な体勢で作業したタツさんご苦労様でした。
スポンサーサイト

コメント

風車@埼玉 さんへ

蜂が巣を作るのに巣落ちまで考えているとはとうてい思えませんね、simoさんの蜂も今回の蜂も全くの偶然でしょう。
自然巣は多くを見てないので何とも云えませんが、ある程度の空間があれば作りやすい平たい所に作ると思いますがほんとのところよくわかりません。

今年のオフ会は新会員が多くて盛会になりそうなので楽しみにしています。埼玉は明日ですか、楽しめますね。

大変でしたね!

皆さんおつかれさまですね、明日埼玉オフ会楽しんできます、九州のオフ会、埼玉の倍位集まりそうで楽しみですね。
>排水管水道管を巻き込んで巣落ち防止になっていましたが、これって偶然なんでしょうかね

完全に近い偶然でしょうね、彼女たちは巣落ち棒は考えず逆にいやがるのが通常とおもいます。

床下だと出入り口からの距離で床板に巣場所を決めるのかな、天井の場合は屋根の傾斜があり、より水平に近い部分を選んでいるように思うのですがいかがでしょうか。

東夷さんへ

私もこんなに大きな自然巣を見たのは初めてでビックリしました。
作業時間の短縮を願っての掃除機利用でしたが、楽しいひと時を堪能できました。

simoさんへ

simoさんもやったことあるんですか、それじゃー先輩ですね。
蜜蜂もこんなパイプのある場所を選んで巣を作るのは先を見通してここなら巣落ちしないので安心出来ると思ったのかも~。

タツさんへ

捕獲から明日は5日目、弱いながらも上桟にロー付けされていると思うのでゆっくりと引き上げて産卵など点検してください。下部に新巣が伸びていればそこに産卵されています。女王が健在なら中央の巣板の数枚に産卵が確認出来るはずです。
作業はくれぐれもスローで・・・。
女王は意外と体が強いので少しくらいの蜜が付いても生き延びてるような気がします。

ご苦労様でした

素人の私が拝見してもビックリするほどの大きな巣ですね!
掃除機の意外な利用法、メーカー側もビックリするでしょう。

床下群れ

でかいですね。
私が昨年駆除した(捕獲失敗)床下群も排水管水道管を巻き込んで巣落ち防止になっていましたが、これって偶然なんでしょうかね~。蜜蜂の知恵に思えてなりません。排水音に慣れた蜂は音をたててもなかなか動いてくれないようでした。
画像参考に次は失敗しませんよ~。
床下でのハイハイポーズご苦労さんでした。

やっと

腰の痛みもひきました(笑)
さすがにあの態勢は無理があったようです(笑)
まだ、枠があやしいのですね。
危なかったです。
せっかちな私は開けてしまうところでした。
今日も普段どおりハチが出入りしています。
女王ハチ。健在か気がかりです。
死骸の中を見ましたが女王はみつかりませんが、あてになりませんね。

タツさんへ

先日はご苦労様でした。体調はいかが?
蓋を開けても逃去の原因にはならないので開けて見るのはいいですが蜂子圏が上桟に固定が出来ていないので持ち上げて見るのはまだ早すぎます。
産卵の確認は一週間後が安全ですが、早く見たいなら5日後に・・・。
巣と横壁の隙間が狭いので、もしかしたらくっ付けてるかもしれないので、その時は何か定規みたいな薄い物で切り外してください。

蜂の丞さんへ

秋の採蜜前の暇つぶしにちょうど良い遊びが出来ました、苦労したのは若いタツさんで私は楽でしたよ。でも他所様の家に穴を開けるのは気が引けました。

大変でしたね!

今朝はいつもどおり外勤蜂が出入りしています。
あまり巣箱を開けないほうがいいでしょうか?
逃居のきっかけになったらいやなので、そのままにしてます^^;
もうそろそろ中をのぞいてみましょうか??

ぼっちゃんへ

腹ばいでこんな作業を私がやったら病院行き間違いなしです、掃除機は初めて使ったんですがまだまだ改良が必要です。
捕獲は出来ても女王の確認が済むまで心配ですね。ぼっちゃんも経験されたんですか、やはり普通の捕獲が楽でいいですよね。

人助け

BUNBUNさん。
いやー大変でしたね。

それにしても、蜂の取り込みから巣板の取り付け、勉強に成りました。


お疲れ様でした~。

BUNBUNさん、おはようございます。

いや~大変でしたね、でも協力者がいて良かった。
巣箱に直接掃除機で吸い込むとは、考えたものですね、
参考になりました。
私も2年前に依頼があってやりましたが、育児園を切り取って巣箱に入れて後は外が暗くなるまで待って外勤蜂が帰って来てから、自宅に運びました。半日作業で疲れました。
画像を見ていると手慣れたものですね、良い物を見せて頂きました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jibachi.blog89.fc2.com/tb.php/375-2196b71f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。