プロフィール

BUNBUN

Author:BUNBUN
FC2ブログへようこそ!
熊本の山奥で日本蜜蜂を楽しんでます。足跡一個残してください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂子出しが無くなった!!

春4月に盛んに蜂子出しをしていたので、ほとんどダメだとあきらめていた昨年からの蜂郡を見に行くと意外と出入りが多く花粉の持ち込みもあり、順調そうである。腰を下ろししばらく観察しましたが蜂子出しはなく、巣箱を持ち上げてみると貯蜜もかなりの量になっていました。

3年ほど前から始まった蜂子出し、これまでは蜂子出しが始まれば数ヵ月後には全部消滅していたのにこの巣箱のように改善したのは初の経験でした。


活発に出入りしている蜂郡、
相藤寺左ウト


今年4月、巣箱前に捨てられた多くの蜂子、
蜂子出し2


巣も底板近くまで伸びて順調な営巣です、
左2の強郡

スポンサーサイト

コメント

みきかさんへ

汚染のないエサで改善・・これは少々無理気味に理由付けしたもので何の根拠も無い希望的な意味合いです。これが正解ならみきかさんの蜂も希望が持てますよね、周囲に蜜源が豊富ですから。あきらめずに頑張ってくださいね。

蜜源

<農薬に汚染されていないエサ(花粉、蜜)が大量に入りそれを食べる蜂子が死亡しなくなった・・と。どうでしょうか??>
上記なら、我が家の蜂たちも希望が持てるかも?
ハチミツソウ、淡雪栴檀草、ヤブガラシ(?)、かぼちゃ、トケイソウ金柑の花などが咲き始めています。近くには百日紅の花も~~
もうすぐ、ケイトウ、コスモス、皇帝ダリアも咲き出します。
折角蜂のために植えた花だから、蜜や花粉を利用して欲しいです。
どうなんでしょうね。そっと見守るしかないのかな?

シェイドさんへ

3年で数十郡も失ったので今度のことはとてもうれしいです、私の飼育郡ばかりじゃなく自然郡も以前と比べれば大分少なくなったような気がします。
人間の目先の欲が自然を壊しているんでしょうね、私も含めて自業自得なのでしょう。

みきかさんへ

みきかさん、無駄巣を削除しても蜂子出しとは何の関係も無いですよ、育児の効率が少し良くなる程度なので無理に削除する必要はないと思います。
まだ原因がわからないので何とも言えませんが、私は近所のベテランさんの云われるように病気だとあきらめています。

今度蜂子出しが改善した蜂郡も4月に見た時点であきらめたので巣箱の移動・給餌等なんの対策もしてません。
ので、改善した理由もナゾのままです。不思議ですね♪
無理に理由付けすると・・農薬に汚染されていないエサ(花粉、蜜)が大量に入りそれを食べる蜂子が死亡しなくなった・・と。どうでしょうか??

よかったですね。^^

一群でも増えてほしいところですものね。でもよかったですね。
持ち直すこともあるというのがわかってこれから期待も持てますね。

気温や湿度天候に左右されることもあるんでしょうかねー。

蜂さんも頑張ってほしいですね。
自然の力は侮れませんね。^^

無駄巣を削れない~

無駄巣を削ると良いらしいのですが、刺されてからどうもそこまでする勇気が出ません。
近くのベテランさんは「蜂子捨ては病気だから仕方ないよ」って~オフ会のメンバーが近くにいたら頼みだおしてお願いするのですが~近くでなくて良かった。ですって~^??(笑)
蜂をアクリル板から毎日覗きながら遊ばせてもらっています。
テレパシーが伝わって元気にならないかなぁ~~
BUNBUNさんは、今回は、この蜂子捨ての群には何もしてないのですか?場所を移すとか~~教えてくださいね。

みきかさんへ

蜂子出しが回復するなんて・・こんな事もあるんですね。
みきかさんの蜂も望みが持てますよ、もし、原因が農薬だと仮定すると、蜂子出し郡に給餌すると改善する話も見ますが一理あるんではないでしょうか、
農薬に汚染されていない花粉、蜜を食べるので死亡しないと?? みきかさんも可能性に懸けて頑張ってください、アクリル板使用の巣箱は中が見えるので楽しいですね、飼育の勉強になると思います(^^ゞ
それと・・女王蜂は下面にはいないので巣板を真横から見ないと中々見つけるのは難しいですよ。

沢グルメさんへ

自然界はとても奥が深いので私のような凡人にはわからない事ばかりです。わかるのは表面だけでしょうか、
蜂子出し=消滅とゆう図式がくずれたのは何でしょうね、
でも、一筋の光が見えたのは確かなのでうれしいです、

良かったですね♪~乾杯!

蜂子捨てがおさまって群が盛り返したですって~~
やはり、そういうこともあるのですね。
わがやのは、蜂子捨てはおさまったような気もするのですが、30×30×15センチの一段に巣板をいっぱい作っています。
アクリル板から覗くと蜂は殖えもせず減りもせず~~
女王蜂を探しても側面のアクリル板からは、見つかりません。いると思うのですが~~
働き蜂の産卵はあってないです。(真っ黒なオス蜂が生まれていませんので~~)
蜜源の花が咲き始めているので、どうにか生きながらえて欲しいと切に願うばかりです。
BUNBUNさんの蜂子捨てが盛り返したのなら、少しは希望も持てるかな?嬉しいです。
元気になった蜂さん達とBUNBUNさんに乾杯!

おぉー!

自然の力・・法則と言うのは 予測が難しく 不思議な
ものですねー! bunbunさんをもってしても 初めての
経験があるんですね。
しかし、蜂たちの中で 何かの力が働いて 巣を盛り返す
パワーが出てきたのでしょう★ 凄い・・・^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jibachi.blog89.fc2.com/tb.php/138-0bd74d5a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。