プロフィール

Author:BUNBUN
FC2ブログへようこそ!
熊本の山奥で日本蜜蜂を楽しんでます。足跡一個残してください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂場の記録

例年採蜜量の多い蜂場の決算?です。今年の春の待ち箱は4個、4月中ころから入り始め末には3郡が入居、5月になり検索蜂はいるのにまだ入ってない箱にキンリョウヘンの切花を付けたのに入らず。
奥の古い角胴、中の重箱、手前の角胴共順調に貯蜜して7月に手前の角胴、重箱を採蜜。奥の角胴切りは釘が邪魔するので断念して残しました。


盆前熊蜂防止の金網を付けに行くと重箱郡がいなくなっている、直射日光の影響だろうか。10月に2度目の採蜜に行くと奥の角胴に熊蜂が・・、古くて弱っていたので横2箇所に穴をあけ出入りしている、穴に棒を差し込むもすでに遅しで消滅。

結局順調にいったのは2回採蜜出来た手前の角胴だけで今も残っています。この蜂場では採蜜量もいつもの半分以下でした。
多くの蜂場も大同小異、30年以上熊蜂害の無かった山頂部でも4郡全部が熊蜂の被害を受け全滅したりですが昨年に比べ蜂子出しが少なくなったのが救いで来年に期待です。

愛想のないブログですが多くの方に訪れてもらいありがたくて感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
みなさんもいい年を~(^-^)


4月の待ち箱、画像はクリックしてください。
3連ウト 08,4,11


この箱には今年はキンを付けても入居なし、
岩丁場中ウト


一番手前の角胴、夏の状態
岩丁場のウト 004


7月の採蜜前の重箱、
中の重箱 08,7,22


重箱の採蜜、天板を外す、
岩丁場の採蜜・夏 001


一番手前、角胴を切り採蜜、その後2回継ぎ箱をする、
左継ぎ箱1


奥の角胴、熊蜂が横板に穴をあけて出入りする、結果は消滅、
採蜜2 016








スポンサーサイト

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。