プロフィール

BUNBUN

Author:BUNBUN
FC2ブログへようこそ!
熊本の山奥で日本蜜蜂を楽しんでます。足跡一個残してください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツロウ販売

平成28年4月に起きた熊本地震でミツバチも大きな被害を受けて、秋の採蜜も不調で蜜蝋も少なく、販売は当分中止することになりました。ご迷惑かけて申し訳ありません。

平成28年12月







蜜蝋販売始めます

今年は体調が不良で蜜蝋の販売が遅くなりましたが、平成11年12月10日より販売始めます。

ミツロウ仕上げ2 002

今日は朝から雪が舞い外での巣箱作りもおっくうなので家の中で蜜蝋の仕上げです。
先日巣クズを溶かして作った素材をストーブの上で湯煎して溶かします。


ミツロウ仕上げ7

時間をかけてゆっくりと蜜蝋が溶けました、きれいな色をしています。


蜜蝋仕上げ 09,1,8 006

溶かした蜜蝋を型に流し込みます。


蜜蝋仕上げ 09,1,8 008

完全に冷えて型から取り出した蜜蝋。

蜜蝋販売

50gと100gの蜜蝋が出来ました、二度にわたり漉しとっていますので小さなゴミもほとんど無くなっています。

50gは900円、100gは1700円で販売します。

ご注文はメールでお願いします。
50gか100gの個数を書いてメールして下さい。
折り返し入金先をお知らせします。

商品はクロネコメール便で送ります。
送料は全国一律80円です。

  nihon_bachi○yahoo.co.jp ○は@に変えて下さい。
昨年まではOCNでしたがヤフーに変えたのでメルアドの変更お願いします。

蜜蝋を購入される方へ
蜜蝋は明るい所で長期保存すると、ロウソクのように半透明な白っぽい色に変色します。又、巣虫などが食害を始めてボロボロにされる事もあるので、使用するまでは光や虫の入れないような密閉容器に入れて保存して下さい。


蜜蝋をハンドクリームなどに使用される方はお知らせください、なるだけ小さな不純物まで取り除いた蜜蝋を送ります。




スポンサーサイト

蜜蝋を作る

今年も残すところあと一週間、手を付けていなかったミツロウを作りました。大分気温が下がったのに昼間に作ると匂いに引かれて蜂が来るので夕方になってからの作業です。
ビニール袋に入れ巣虫の活動を抑える為冷蔵庫に入れていたのを前もって出しておきました。

家の外なのでガスを炊いても温度が上がらず、巣クズが溶けるのにずいぶん時間がかかります、秋の採蜜後にすぐ作ればスムースにいくのにいつも今頃になってしまいます。全部が溶けた後大きなゴミとミツロウに分けて冷やすと大方の出来上がりです。


採蜜後に残った巣くず、
蜜たらし後のカス3


気温が低いので温度が上がらず中々溶けません、
ミツロウ作り 08,11,9 002


少しずつ材料を追加、
ミツロウ作り 08,11,9 003


ようやく溶けた巣クズ、
ミツロウ作り 08,11,9 006


溶けたら布袋で大ゴミを取り除く、
IMG_0879.jpg


一晩経過して固まったミツロウ、小さなゴミはあとで処理、
ミツロウ作り 08,11,9 007



日本蜜蜂のみつろう販売

春の分蜂郡確保の為に作っていた蜜蝋が今年は自家用に使う以上に出来たので販売することにしました、日本みつばちを確保するとき待ち箱に使用すれば入居率のアップにつながると思います、私の場合は長年この蜜蝋だけで蜂郡を確保しています。

このみつろうはキャンドルを作ったり、アロマオイルを使ったクリーム作りにも対応できるようにゴミなど取り除いただけです、脱臭、色付け、脱色等していない自然素材です。


日本蜜蜂みつろう、50gと100gです、
商品1



商品、蜜蝋A 50gです、
蜜蝋A1



商品 蜜蝋B 100gです、
蜜蝋B1



ご注文はメールでお願いします、
蜜蝋Aか蜜蝋Bを選んで数量を記入して下さい、

商品はクロネコメール便で送ります、
送料は全国一律160円です、
商品代金の振込先はメールでお知らせします、

   nihon.bachi○aroma.ocn.ne.jp
○はアットマークに替えてください(迷惑メール対策の為です)


日本ミツバチの蜜蝋は完売しました、ありがとうございました(^-^)

デジタル計量器

注文していたデジタル計量器がやっと届きました、正式にはデジタルキッチンスケールと言うようです、家庭の奥さんがケーキ作りなど材料を細かく計るのに便利なので人気があるようです。
0,1g~1kg又切り替えれば1g~3kgまで計れます、アナログ計量器だったら針を見ても微細な重さまでは見難いのに比べて数字が出るので明快です。

先月から作り始めた蜜蝋が自分で使う量よりかなり多く出来たので、友人の薦めもあって少し販売してみようかと思っています、
自家用なら適当でもよいけど販売するには重さは正確にしなければいけないし、一個の量、形、販売方法などまだ思案中です。


計量器に容器を乗せる、
容器を測る1



5gと表示が出た後に右のゼロボタンを押すと風袋の重さが0gになる、
容器を0に2



容器の中に100g強の溶かした蜜蝋を入れ冷えて固まるのを待つ、
固まる4



容器から取り出し蜜蝋だけ重さを量ると100g強になっている、
完成5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。